★最近の活動★
〜メンバーを巻き込む力強いビジョンを創る〜
『チーム・ビジョンクエスト研修』 1月15,16日
http://www.shigotosoken.jp/blog/?p=431


★お知らせ★
『株式会社しごと総合研究所』HP 
http://www.shigotosoken.jp/
title_080810or.jpg

2009年10月17日

働く喜び研修〜

今日は、

しごと総研のメンバー6人での丸一日の研修を実施。


高齢者の方々によるビル清掃を行っている会社さま。

年齢65歳〜75歳の大先輩の方々が、約80人集まった研修会。


『 働く喜び研修 』


全体リードは、いよいよお初となった、

彼谷さんと山田夏子での親子(?!)漫才。


そして、80人の方々を4チーム 20人づつに分けて、
各班に『学びの案内人』として、

まゆみ、Kaoちゃん、まっちゃん、ヒロ が、担当してくれました。



研修冒頭、社長さん、専務さん、顧問の方が、研修の挨拶の際、

それぞれに、胸にガムテープで 呼ばれたい名前を書いて、

開口一番!

「今日は、テッシーとよんでくださいっ!」

「今日はてるちゃんとよんでください!」と、

自ら、心の扉を開いて参加者の皆さんに関わってくれた。 

そのお気持ちに、しょっぱなから感動。。。


それでも、

「こんなのは、研修じゃないっ!」と
大きな声でジタバタするおじちゃん。

「書くことなんて何もないわよ!思い出せないわよ〜!」と、
頑固として書き出さないおばちゃま方。。。

いろんな方々がたくさんいらっしゃって、案内人の皆は、
とても大変だったと思う。


「どうして書くことないと思うんですか〜?」と、聞けば、

「今までね、健康で過ごせていれば、それで十分なのよ。
 曲線が下がったり上がったりなんて書けないわ。」と教えてくれた方。

そんな方々も、画用紙を渡せば、隠しながらも一生懸命書いて下さって、ご自身の人生を語る時間のお話は、尽きない尽きない。

皆さんの厚みのある人生に、私たち自身、心が動かされました。


午後は、NLPの感覚のワークから、

皆さんが普段清掃の際に使われている観察のアンテナをワークで探る。

レトロな建物の会場内で、皆さんに、ポストイットをお渡しして、

ここに清掃に入ったとして気になっているところってどんなところですか?と聞くと、

会場のいたるところにポストイットを貼って、清掃のポイントを語ってくれた。


その時の皆さんの眼は、一気に、プロの目、仕事人の目に変わる!


凄かった!!!


最後に皆さんの知恵を共有しましょうと、ワールドカフェ形式で、模造紙に

仕事の知恵を書き出し合う時間も、模造紙が足りなくなるほど、

皆さん沢山お話し、書き出してくれた。


これこそ、この会社の財産でしょう。


・・・


おとといテレビでやっていた 『働く』事に関する番組。

人がイキイキとやる気を持てるのには、4つの要素が必要なのだそう。


・愛されること

・ほめられること

・必要とされること

・役に立つこと


そのうちの後の3つが、『働くこと』で、かなえることができる。

そしてその3つをかなえられると、 愛されることも叶うのだろう。


まさに、この会社様は、定年をおかず、

多くの高齢者の方々に、生きる力を与えている。


今日はほんとに、

  しごと総研として、

    しごと総研らしい、

      しごと総研にしかできない研修を

させていただいたと思っています。


この機会をくださった方々、一緒に取り組んでくれたメンバー、

皆さんに、感謝。


働くことの素晴らしさ。

また、実感させていただきました。
posted by なっちゃん at 20:56| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

20年の厚み。

10月2日

あるイギリス人・冒険家の誕生日。

その冒険家が創った会社の20歳の誕生日。

shigotosoken6.jpg

shigotosoken7.jpg

私もらくだの1人として、20周年パーティーに参加させていただいた。

設立当初の頃の研修風景の写真など、懐かしい写真のスライドを写しながら、

その頃からのメンバーや、クライアントだった方々が、懐かしそうに

思い出を語ってくれた。


当時は、全てのアクティビティを、考えては実施するため、

全てが前例なし。


沼みたいなところに、お客さんがドボンドボン落ちる映像やら、

パンパーポールなどの木を、買い付けて、

クレーンで設営するところからセッテイングしている風景やら、、、


今じゃ考えられないくらい、

ぶっ飛んだ、企画と内容を、少ない人数でまわしていた。


この原点を、目にすることができて、

その時の方々が直接語ってくれる場に、

参加できたことが、何よりもありがたい。


とにかく、らくだの仲間達は、

ひたすらに、ことごとく、そこぬけに、

For You なのだ。


これがなんとも、さわやかで、心地良い。


だからこそ、20年もの間、沢山の企業から支持を受け

人が集まり、人が人を育てているんだろう。


8年前は、フツーのOLだったというKeiちゃんは、

らくだと出会い、

チャレンジを始め。

チョモランマを女性で10人目に登頂した登山家となった。


次の日から、チベットとの国境にまたがる未開の山を登ると、

1ヶ月の登山の旅に出発して行った。


L1030493.JPG

何をやるかではなく、
その人の覚悟の強さが、存在感で人に影響を与える。


そんな凄さを、いつもらくだの仲間から、

受けてる気がする。
posted by なっちゃん at 01:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2年ぶりの大フィーバー!

10月に入り、

徳島出張。

L1030471.JPG

ぽっと空いた時間で、地元の友人に鳴門大橋に連れて行ってもらい
渦潮を眺める。

ほんとは、いろいろ話したいと思っていた2年ぶりの友人とも、

なんだか言葉が出ないくらい疲れている自分。


今月は、後半、恐ろしい12連投が待っており、

全てやりがいがあり、全力投球する気満々の仕事なだけに、

体力が持つかどうかが心配だなぁ〜と一抹の不安を抱えていたら、、、


台風で、後楽園の事務所まで、自宅の品川から3時間かかったその日。

2年ぶりに全身蕁麻疹の大フィーバー!


強引に打合せを済ませ、その日の夜から逗子での合宿研修会場入り。

夜は、かゆみと息苦しさで、一睡もできず、

研修開始の前に地元の市民病院に朝一で駆け込んだものの、

前日に台風で診察できなかった、おじーちゃんおばーちゃんが

押し寄せており、2時間待っても診察してもらえず、

泣く泣くそのまま研修へ突入。


我慢のピーク。

待ち続けることのピーク。

あきらめのピーク。


久しぶりに、「ぎゃふんっ!」と声に出そうな経験を体験。


弱音を吐ける人が、側にいてよかった。


蕁麻疹は、だいぶ落ち着いたものの、

寝た子を起こすようなこと

(かいちゃったり、熱めのお湯を当てたり、汗かいちゃったりすると。。)

また、大フィーバー!

連続リーチの状態。


何か、抜本的な改革が必要なんだろうな。

35歳と11ヶ月。

おそろしやおそろしや。







posted by なっちゃん at 00:20| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

相手の中から価値を見出す。

L1030261.JPG

アミタ×しごと総研 の 

『 地域デザインリーダーシッププログラム 』


8月から始まったこのプログラム。


参加しているチーム大地のメンバーは、

その後も日々、自分たちが活動する現場で、

リーダーシップを発揮している。


9月20日

ステージ2開催。


今回は、

私とザヒーでのペアリード。


テーマは、

『 相手の中から価値を見出す 』


インプロあり 粘土あり の

9:00〜21:00までの 12時間 研修。。。


この長丁場のプログラムを運営する、

私たちも大変だったが、


なにより、参加した大地のメンバーたちが、

よくぞここまで集中力を切らさずに、取り組み切ってくれたものだと、、、

そのことに一番、頭が下がった。


L1030352.JPG


今回の研修。

私なりに、大地のメンバーのやり取りの中で気になっていたこと、

今回の研修内で話を持ち出すかどうか。。。

リーダーチームの中で、開始5分前まで論争になった。


かなりの激しい論争。

それだけ、私達8人のリーダーが、

このプロジェクトと参加者への愛情が強いということ。


「 研修開始5分前までさ、こんな風に真剣に論争してる、僕らって、いいんじゃない。 」


ふゆふゆのこの一言で、肩の力がスーッと抜けた。


彼らを想うこと、彼らを信じること、そして時に、明確に舵を切ること。


相変わらず、鼻息荒く、暑苦しく(笑)

ステージ2は無事スタートを切った。


L1030381.JPG


相手の中から価値を見出す。

価値観のぶつかり合い や、

自尊心 や、

相手を信じること や、

相手にゆだねること や、、、



最後の粘土のワークでは、

地域再生を行う彼らにとって、


現地の住民の人たちの気持ちを体験する機会になった。


L1030426.JPG


彼らの腹のくくりが、

また、ぐっと、引き締まり、


同じように、

私達の腹のくくりも

ぐぐっと、引き締まる。



帰りの電車で、廃人のようにぐったりしている私に、


「 なっちゃん、こんな素敵なプログラムに、一緒に取り組ませてくれて、

ありがとうな〜」


と、リーダーチームの仲間の一人がつぶやいた。


このプロジェクトのリーダーとして、

私自身、悩みや迷いでのたうちまわり、

周りのメンバーに支えられながら

なんとか進めている。


反省ばかりが多い毎日に、

心にしみる一言でした。



みんな、ありがとう。







posted by なっちゃん at 12:47| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。