★最近の活動★
〜メンバーを巻き込む力強いビジョンを創る〜
『チーム・ビジョンクエスト研修』 1月15,16日
http://www.shigotosoken.jp/blog/?p=431


★お知らせ★
『株式会社しごと総合研究所』HP 
http://www.shigotosoken.jp/
title_080810or.jpg

2009年11月30日

親離れ・子離れ

久しぶりに髪を切った

山田夏子です。

L1030630.JPG

L1030711.JPG

L1030756.JPG


アミタ×しごと総研 の 

『 地域デザインリーダーシッププログラム 』

半年間のプログラムも、いよいよ佳境。


ステージ3へ突入。

11月21,22日

泣いても笑っても、これが最初で最後の合宿。


今回のねらいは、

いかに自分達から、

地域再生を行っていく自分自身に、

リーダーとなることに腹をくくるか。


これが勝負。


世間では、『事業仕分け』の活動がニュースで飛び交っている時期。


価値ある活動であろうとも、結果が明確に見えていないと

認められない。



ただ、今回のプログラムは、


単なる一過性の事業を起こすことを目的にしていない。


地域再生は、

地域で新たな事業を起こせたとしても、

地元の人達への理解を深め、

地元の人達と共に、一生その土地に根付く事業を行っていかないと、


単に事業を起こせただけでは、

その地域を荒らすことになる。

もっと言えば、

一度荒らしてしまった地域で、

新たに事業を外からやろうものなら、

かなりの拒否反応が起きる。


いかに地元の方々を巻き込んで、

ずっと寄り添う覚悟で行えるか?


地域再生を行うリーダーは、

ある意味、自分の人生や生き方にコミットし、

その想いから、覚悟を持って、

地域の方々と向かい合わなければ

なしえないこと。


そんな覚悟を、

このステージ3では、彼らに強いている。


戦場にわが子を送り出すような気持ちだった。


心を鬼にして。


彼らは、プログラムの意図や目的を聞きたがる。


それを詳しく教えれば教えるほど、

彼らの学びは、その範囲内に収まってしまう。



今回のプログラムは、我慢の連続だった。

彼らも共に、チャレンジの連続だったと思う。




もう既に、精神的にも、状況的にも、追い詰められている人が

リーダーシップを発揮することは、それほど大変なことではない。

しかし

今、私達が行っている、

リーダーシッププログラムは、

普通の大学生や社会人のみなさんが、

自分の人生をも見つめることで、

自分自身のリーダーシップを発揮する、

地域再生できるほどのリーダーになっていくことを目指している。



アミタさんも私達(しごと総研)も、

大きな、大きな、チャレンジをしている。


今、この船に、

全員が乗り込んだ。






posted by なっちゃん at 02:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

年女の試練。

疲れてくると、自分の車幅(人体幅)感覚が
鈍くなり、いたるところに体をぶつけてる
山田夏子です。

先日は、出張先の狭いホテルの洗面所で、
シャワーから出るときに、トイレの便座の角に膝のすねを打ち、
裸で30秒ほどうなっていました。

(今でも青あざです)


L1030569.JPG

10月19日

しずかーに、年女 36歳の誕生日を向かえ

21日からは、怒涛の出張三昧。


木更津→成田→麹町→京丹後→大阪→本厚木→名古屋→相模大野→後楽園→木更津。。。

毎日研修。

30日終了。


最後までたどり着けるイメージが湧いてなかった。。。


良かった。 

なんとか、 やりきった。。。


それぞれの思い出は多く、学びも深く、

この10日間で、いろいろな体験をさせてもらった。


内定者→管理職→新入社員→70代の大先輩→大学生→管理職→内定者と、、、対象の年齢層もなぜか、日ごとにギャップが激しい。


その日参加者からいただいた感動が、

次の日の参加者へ、エネルギーとなってつながっていた気がする。


内定者のまっすぐで素直な取り組み姿勢が、

次の日の管理職の参加者の名言を生み、

その名言が、新入社員のこの先の可能性を生み、

その可能性が、京丹後のおじいちゃん達の情熱を駆り立て、

その情熱が、大学生の発想に火をつけ、

その発想が、管理職のオジサマ達の誠実さを浮き彫りにし、

そして全ての働く喜びが、内定者に注がれた。


自分が行うことは、参加者の方々の想いを顕在化していく事。

そのエネルギーを、その前の参加者からいただいて、つないでいるようだった。


最近は、山田夏子の研修というよりも、

しごと総研としての研修をお仕事としてやらせていただけることが

増えてきた。

自分のファシリテーション力もさることながら、

ディレクション力に課題が出てきた。


これから少し、時間をかけて、ひとつひとつの取り組みを、

振り返って、整理して行きたいと思う。



〜フォトライブラリー〜

L1030548.JPG
京丹後・天橋立


L1030531.JPG
丹後口コミ大使『ガイド力』研修
おじいちゃま達の想いの溢れたプレゼンテーション。
どこのウマの骨ともわからない、私達の風変わりな研修に、
思いっきりチャレンジしてくれた勇気ある姿に、感服。


L1030559.JPG

L1030561.JPG
京丹後・森林ノ牧場の牛達。

黒いのは、ボス。

もう一頭は、幸せそうな顔で、反芻している様子。



L1030575.JPG
鳴き砂の日本海で見つけた蟹


L1030578.JPG
大学の授業。 イベントのテーマ決めを絵でイメージすることから
始めると、凄くバリエーション豊かな発想が沢山生まれた。



L1030595.JPG
初海ほたる。 朝の風景。



11月、12月も、頑張ります。


posted by なっちゃん at 00:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。