★最近の活動★
〜メンバーを巻き込む力強いビジョンを創る〜
『チーム・ビジョンクエスト研修』 1月15,16日
http://www.shigotosoken.jp/blog/?p=431


★お知らせ★
『株式会社しごと総合研究所』HP 
http://www.shigotosoken.jp/
title_080810or.jpg

2011年05月31日

もろもろのご報告。

相変わらず、ブログほったらかしにしちゃってすみません!

ざざっとこの半年のことをご報告。

DSC02431.jpg



昨年秋に入籍&新居に引越し。

年末に妊娠が判明。

震災直後、旦那さまのご両親に呼んでもらって、
奈良県にしばし疎開。

(式を挙げる前で、2回しか会ったことのない
 ご両親のもとへ一人でお世話になりに行くのは
 さすがに勇気がいった。。。)

ゴールデンウィークに新婚旅行で屋久島に行き、

(妊婦がなぜ?トレッキングのメッカに???)

結婚にまつわる一連のイベントの締めくくりとして、


2011年5月29日 八芳園にて結婚式&披露宴を行いました。

IMG_3690.jpg

現在、妊娠8ヶ月。

お腹も張っていて、逆流性食道炎、便秘と、、、妊婦さんが
なりやすい症状のフルコースを抱えたまま、結婚式に突入。

元来、晴れ女が唯一の売りだったはずの私。

八芳園の新緑のお庭で、新たな家族が集まって写真が撮れたら素敵!!

そんな想いで、選んだ会場。

しかし、、、

有り難い事に、、、5月29日は、

梅雨がわざわざ台風まで連れて、予定早めて、

お祝いにいらしてくれるとは。。。


披露宴では、10年前の教え子が、

新郎新婦のプロフィール映像を創って、流してくれる約束を。

彼女が、10年前、学校を出る時、

「先生の結婚式での映像は、私が創ってあげるからね!」と言っていた約束が、

やっと10年ぶりに叶えられる!と本人も喜んで引き受けてくれた。

もう、無理だと思っていたよ。。。とも言われながら。。。

そして、その教え子には、披露宴でのスピーチもお願いしていた。


会場と日程が決まってからの3ヶ月間。

何度もやり取りして、一緒に結婚式づくりに寄り添ってくれた教え子。

震災の日の夜中、真っ先にメールをくれて、

全国に散らばったこのクラスの卒業生達と連絡を取り、

「先生、みんな無事だって確認とれたから、安心して赤ちゃんのことだけ考えててね!」と

伝えてくれた。

奈良への疎開中の心細い中でも、映像素材のやり取りなどで気持ちを支えてくれた。


いよいよ5月29日当日。

教え子は、香川県に住んでいる。

もうすぐ会える!と思っていたのに、、、

彼女が乗るはずだった飛行機が飛ばない。。。

今は2児の母。早朝からお弁当を作って、頑張って空港まで来たのに。。。

陸路に変更して、5時間かけて駆けつけてくれた。

到着したのは、スピーチ開始時間の10分前。

映像も無事放映、紹介も奇跡的に間に合う。。。

それまでの間、

司会をお願いしためぐっちも、スピーチ、もしも間に合わなかった時に

代わりに話すことを瞬時にOKしてくれたしゃちも、本当に冷静に穏やかに柔軟に

対応してくれた。


そして、やっぱり彼女のスピーチは、泣けた。

泣けた。泣けた。泣けた。

間に合って良かった。


手紙を読み上げる形のスピーチだったので、

本人に了解を得て、ここに載せさせてもらいます。


元担任の教え子自慢に、お付き合い下さい。


「  
  親愛なる夏子さんへ


  私が夢に溢れていたとき、あなたに初めて会いました。

  
  私が孤独で倒れそうなとき、あなたは黙って待っていました。


  私が「ここを離れる」と言ったとき、あなたは本当に悔しそうでした。


  私が何も出来ずにいたとき、あなたは「一緒にやってみよう」と言いました。


  私があなたを裏切ったとき、あなたは私を責めませんでした。


  私が家族を持ったとき、あなたはそして、会いにきてくれました。


  良いときも悪いときも、あなたは探してくれました。
  
  本当の私を見つけようとしてくれました。


  あなたと共に学び、共に働き、共に笑えた時間を私は誇りに思います。


  厳しくて優しい、いつも一生懸命な、太陽みたいな夏子さん。


  あなたはまるで青空を背負っているような人だと、いつか言ったけど、

  その青空の下、涼やかな木陰をつくってくれるのが

  今、隣でおられる貴久さんなのかもしれないですね。

  
  お二人がつくる柔らかな庭に、新しい芽が息吹き

  健やかな景色が生まれることを心から祈っています。


  あなたの生徒であり、部下であり、そして友人として。


                     平成23年5月29日
                         
                               」


彼女は、学校を途中で退学しました。

けれど数年後、学校が大変になった時、

チューターとして、学校に戻り私を支えてくれました。

それももう10年前のお話。

いろいろあって、香川県に戻った彼女はたくましいお母さんになり、

これからは、私の子育ての先輩です。


これ以上の財産はありません。


舞、本当にありがとう。


これからもよろしくね。

IMG_0444.jpg



posted by なっちゃん at 22:14| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。