★最近の活動★
〜メンバーを巻き込む力強いビジョンを創る〜
『チーム・ビジョンクエスト研修』 1月15,16日
http://www.shigotosoken.jp/blog/?p=431


★お知らせ★
『株式会社しごと総合研究所』HP 
http://www.shigotosoken.jp/
title_080810or.jpg

2011年12月21日

心強さの実感。


image-20111221200837.png
早く良くなれと一目一目願いながら編んだ帽子。


我が子の四ヶ月健診。
ここで打ってもらうBCGで今年の予防接種は
終わりだなぁ〜と思いながら行ってきました。

激混みと聞いて、早めに並び順調に進むかと思いきや…
BCGの前の問診で、前日の夜に見つけた、
豆粒ほどの内出血の膝の点をお医者さんに見せると、
周りのお医者さんも集まってきて、
気になる!気になる!と…。

BCGは断念し、今すぐ総合病院でみてもらってください!と慌てて言われ…
唖然としながら、紹介状を握りしめ、
中野の警察病院へ。

血液検査の結果、ウィルス性の肝炎かもと。

まさかまさかの展開。

本人はいたって元気なだけにびっくり。

一週間後に再度血液検査。
さすがに結果が安心できるものになるまでは外出も控え、自宅待機…。

さすがの私も突然大きな病院での診察やら肝炎宣告に気持ちも凹む。

にもかかわらず、
私の母に警察病院から電話すると、
病院名を聞いて、虐待と勘違いされて捕まったのかと大騒ぎ…。
アホじゃ…。

旦那は、相変わらずのマイペースを崩さず週末はお稽古事やらマッサージやらで殆ど外出…。

煮えきらない想いで我が子と二人家にこもっていると、
夏生まれの会のママ友さんがふらりと遊びに来てくれた。
自分の子どもをご家族に預けて身軽にいらっしゃり 「抱いててあげるよ〜、なっちゃん少し休んだら?」と…
泣けるほど嬉しい!!

次の日も他のママ友さんが、お茶菓子持って、
「気晴らしにしゃべろうよ!」と…
うーっ、泣いちゃうよ!!

母として同じ立場で共感してくれるママ友さんの存在が、
たまらなくありがたい。

弱音をはける仲間がいる事。

心強さを噛み締めながら、
お礼に毛糸の帽子を編む夜です。


posted by なっちゃん at 20:10| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

産後ドゥーラ。


image-20111206172624.png
首から顎までのリーチがある件。



妊娠初期は、流産の可能性。
妊娠後期は、早産の可能性。で、
ほとんど家で寝たきりだった私。

それまで、研修やら講演やらで全国を飛び回わりじっとしていなかった私は、
寝たきりになりながらも、コーチングやらなんやらかんやら電話やパソコンで出来る仕事や活動をさかんにやっていた。

妊娠後期、お腹のハリが酷く、搬送入院ギリギリに。
知り合いから紹介された本を読むと、
目や頭を使う事が身体に影響してる事が分かった。

その事をTwitterでボヤいたら、いろいろアドバイスをしてくれたのが、松が丘助産院の宗先生。
(東京助産師会専務理事、育児雑誌にもちょくちょく出て来る凄い方だと後から知る)

宗先生のツイートは、ひたすらに妊婦さん達に安産の為の生活について、正しい食事や睡眠について語りかけている。

私も無事出産を終え、落ち着いて来た頃、
友人から産後ドゥーラのプレ講座の紹介を受ける。
産後ドゥーラとは、産後、孤育てに悩んでいるお母さん達をサポートする女性達を育成する事業。
なっちゃん、興味ありそうじゃない?と…


良く調べれば、
そのドゥーラ事業を立ち上げたのが宗先生だった!
なんとつながるご縁なんでしょうか。

自分が支援する立場には、まだまだ到底慣れそうにも無いのだけれど、
当事者として役に立てる事はないかと首を突っ込んでみた。

と言えばかっこ良いが、
単純に妊娠中お世話になった宗先生にお会い出来るチャンス。
直接会ってお礼が言いたかった。

とってもお忙しい方だから、Twitterで少し絡んだ位の事。まさか覚えていらっしゃるとは思わなかった。

講演後、ご挨拶すると、
「あなたが夏子さん!」と、覚えていてくださっていた!
「あなた、出産間際までものすごく忙しくお仕事されてたから、心配してたのよ。元気なお子さん、自然分娩で産めて本当に良かったわね。頑張ったわねぇ〜」と、背中をさすってくれた。
産後の肥立ちが悪く、妊娠中の生活に今更ながら後悔や後ろめたさがあり反省していたのだけど、
宗さんは、それもひっくるめて認知してくれた様に感じ、なんだかとてもホッとした。

講演の中で、どんな女性を育成していきたいのか?という問いに
「素直に助けを求められる人」と、答えていらっしゃった。

とても真面目で一人で解決しようとするお母さん。
それよりも、意地をはらずにヘルプが言える、
そんな関係性を他者と作れるお母さんに。

子どもにもそうあって欲しいと思う。


いつか子育てが落ち着いたら、ぜひ一緒に活動しましょうと、宗先生と固く握手を交わし、会場を後にしました。
posted by なっちゃん at 20:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

当事者になって思うこと。


image-20111130162532.png
なぜ?そのポーズ…


ブログ見てますよ〜というお返事を様々な方々からいただきました。

ありがとうございます!!

最近は半年に一度位しか更新しないにも関わらず、
見ていただいているとは…
涙が出る程ありがたい。

なんとか、もうちょっとマメに続けて行こうと思います。
(NHKの坂の上の雲みたいに、ある時期だけどどっとやって、一年間まったくなし的な事になりません様に…)

現在、ほぼ我が子と向かい合い育児に追われる日々なので、ネタは育児ばっかりですが、
お許しを!


出産前も、子育て支援の一環で、お母さん向けのワークショップやコーチングの研修なんかをしていましたが、
お母さんという当事者になってみて、感じるコト、なってみないとわかんないコトが山程ありますね。

いや、もー、育児なめてましたわ。。。ホント。
大っ変!!

三十代後半まで自由気ままに自分のやりたいように生きてきちゃった私にとっては特に大変と感じる様で、
こんなにも思い通りにいかないものか…と。
ショック療法のようなリアル体験学習を、今まさに自分が体験しておる状態です。

学び深いっす。

で、思ったこと。

孤育てになってしまい苦しんでいるお母さん。
(私もろ当事者)

支援する側 と される側 っていうくくりがあるウチは、根本的なことはなかなか解決されないんじゃないかと。

鼻息荒く「支援しますよっ!」っつー所にヘルプの手を挙げるのは、案外にハードルが高い。
気がするですよ。

私の場合、
児童館のイベントやら区の支援サポートを利用するとか、なかなか1人では気が進まず、、、(こうみえて小心者)
かと言って、自宅1人でひたすら我が子と向き合いながらダンナの帰りをカウントダウンの様に待つだけだと、気が狂ってしまう!!
こりゃとにかくなんでも相談できたり愚痴も言えるママ友作らなきゃ…

そんな気持ちで、出産した病院の大部屋で一緒だった方々に声をかけ『荻窪夏生まれの会』を結成しました。
現在15人位のメーリングリストが出来上がり、その後も徐々に孤育てしてるお母さんに出逢うと、思わず、一緒に育てよー!と声をかけては、人数が増えつつあります。

話してる事はたわいもなく、どこの薬局のオムツが、安い!とか、お食い初めの鯛って、どこで買った?とか、保育園の申請窓口90分待ちだったよ!とか…たわいもない日常のこと。
時に愚痴も吐き、育児の疑問や悩みは、上のお子さんもいらっしゃる先輩ママさんに相談したり…。
ここにいるメンバーに沢山ヘルプを出しては、なんとかかんとか育児を楽しく乗り切っています。

支援する側とされる側になると、する側はやってあげてる感が出てきちゃったり、される側はなかなか自立できなかったりするのだけど、
この仲間は、もっとフランクに支えあえるし、助けも求めあえる。


これは、当事者になってみなきゃわからなかった…。


妊娠中、あれだけ目を使うな頭を使うなと言われながらも、
パソコンやら携帯とにらめっこしていた私。
やっぱり産後の身体に影響が出ています。
自分の身体がしんどくなって、我が子の育児に影響が出て、、、今頃反省。

当事者になってわかる事。
これからも山程有りそうです。



image-20111202115510.png
我が家でやったベビーマッサージの教室風景〜




posted by なっちゃん at 11:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。