★最近の活動★
〜メンバーを巻き込む力強いビジョンを創る〜
『チーム・ビジョンクエスト研修』 1月15,16日
http://www.shigotosoken.jp/blog/?p=431


★お知らせ★
『株式会社しごと総合研究所』HP 
http://www.shigotosoken.jp/
title_080810or.jpg

2012年01月16日

脱原発世界会議2日目。


image-20120116180637.png
パシフィコ横浜の中でも一番奥の会場にあった
「ふくしまの部屋」に、ライブを終えた加藤登紀子さんが駆けつけてくれた。
この心遣いに感激。


2日目開始の朝。
この部屋の責任者の方が
「脱原発はとても大切な事だけど、その事だけに躍起になって、ふくしま自体が置いてきぼりになる事は避けたい。
今回のイベント。発信型の企画が多い中、福島の方々とそれ以外の地域の方々とが共に語り合う対話する場を設けました。」と、話して下さいました。

そう。今の痛みを先ずはきちんと受け止めなければ。

グラファシの役割のみゆきさんと私も、一日目は、会場サインやワークのガイド的なモノを描くのに追われて、来場してくださった方々の声や感情をしっかり捉えて描く余裕がなかった。
今日はとにかく場を感じて描こうと決めた。

午前中のワールドカフェ。
福島の方々の声をとにかく沢山出していただく。


image-20120116185333.png

image-20120116185355.png


現実が厳しすぎて、普段はまともに語れないと言う。

原発の話をすると不安ばかりが込み上げてきて疲れ切ってしまう。
1番楽なのは無関心でいる事。
これが当たり前になっているお母さん達の異様な現状。

でも、忘れ去らないで欲しいと…

他の地域の方達に、「もう原発大丈夫なんでしょ?」と言われるのがとにかく辛い。

県は安全宣言をしてしまったがために、福島の中では「危ない」と言い辛い。
学校で先生達はマスクの指導をしない。
マスクは親の判断で着用となっているが、マスクをして行ったり、給食が不安でお弁当を持参すれば、非国民と言われ、いじめの対象に合う。

私達はモルモットなんですか?

自分の中にどれくらいの放射線量が入っているか測定器の順番が待っても待っても回ってこない。
自分を知る事すらできていない。

特に若い人や子どもがいる方は、
福島の農作物を買わないで!!と、切実に語る方。

店頭から福島の品物は姿が減り、
確実に仕事がなくなっている。

皆さん声を揃えて、1番深刻なのは、雇用の問題。と語る。

アメリカ人の方がアメリカの責任も語ってくれた。


image-20120116190130.png

image-20120116190151.png

聞いているだけでめまいがしてくる。
でも、これがふくしまの現実。

この痛みは分かち合えないのだろうか…

できる事なら、実際に福島に来て見て、感じて欲しいと。
同じ場所に何度も足を運んで欲しいと。
ただし、とにかく若い人や女性は要注意。
この辺りは、その場でかなり議論がおきた。

原発の町から来た男性が、先ずはメル友になって欲しい!
この痛みを語る機会を与えて欲しいと。
何百人でも紹介すると。

対話が湧き上がってくるにしたがって、
この会場に沢山の来場者が集まってきた。

ここで語られた事が、この場で消えてしまわない様に、後から集まってくださった方々にも少しでも伝わる様に、
私達のファシグラの手も秒単位で急いで描く。


午後は、ワールドワーク。

image-20120116192306.png

午前中各自から上がった声が
どう束になって行くのか?
誰にも想像がつかない。

私達ファシグラも、極が立つ瞬間を
待って待って待って
まとめて行く。

場を感じながら、
途中あまりの重さに寒気が襲う。
上着を着てもダウンを着ても震えが止まらない。

重い中にも落ち着いた空気でふくしまの方々が語る。
自主非難したご夫婦にとにかく喧嘩が絶えなくなってしまったという所から極を取って
全体で、
話している言葉の奥の
感情の奥の本質を皆で触りに行く。

場が動き出す。

「誰がこんな大惨事を引き起こしたんだ」

東電か?
体制か?
政治家か?
そう思えるうちは幸せだと言う。

そんな体制にのうのうと投票していた自分自身。
危険に無関心だった自分自身。
そう言って自分自身にナイフを向ける。

なぜ自分は生きているのか?


image-20120116195316.png

image-20120116195350.png

生きているからこそ何かできるはず。


同じ人間として、
私は何ができるのか?

どんなに小さなコミュニティーでも良いから、
この現実を伝えて行く。

そして、メル友になろうと思います。


image-20120116195637.png

丸々2日間、ここまでの長い離れ離れに泣きじゃくりながら待っていてくれた我が子と、
ずっと我が子をあやし続け、
優しく送り出してくれた主人に、
真っ先にありがとうを言わせて下さい。










posted by なっちゃん at 20:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。