★最近の活動★
〜メンバーを巻き込む力強いビジョンを創る〜
『チーム・ビジョンクエスト研修』 1月15,16日
http://www.shigotosoken.jp/blog/?p=431


★お知らせ★
『株式会社しごと総合研究所』HP 
http://www.shigotosoken.jp/
title_080810or.jpg

2012年03月14日

視座の高低差。


image-20120301082327.png
泣き顔撮ろうとしたら、中途半端に持ち直した…。



チームビルディングに重要なポイントとして、
『視座』がある。

『視野』じゃなくて『視座』
視座が高いと抽象度が上がる。
視座が低いとより具体的になる。

今いる所を地球とかアジアと捉えるか、
1丁目1番地とかトイレの中と捉えるか、、、

先日、久しぶりにフューチャーセンターのギャザリングに参加した。
そこに集まってる人達と、
日常接するママさん達との明らかな違い。
それは視座なんだろうか…?

視座が高いのが良いとか低いのが良くないという訳では決してない。

大事なのは、この高低差に柔軟に屈伸する事。

子どもの目線までしゃがんで握手する様に。
アリの目線まで腹ばいで感じる様に。
時には肩車してもらったり、はしごに登って見る様に。

高いままでは伝わらない。誤解が生じる。
低いままでは理解、判断しきれない時がある。

フューチャーセンターのギャザリングでは、ひじょうに抽象度の高い話がされていた。
そんな中、普段普通にママ友さん達とやっている離乳食作りシェア会の話をしたりすると、
おぉ!それは正にフューチャーセンターだね!と驚かれる。

違う様で、みんな一緒。
おっきな目的は一緒。
ただ、視座が違うだけ。

ここをつなぐ事も自分の役割だと勝手に思っている。
posted by なっちゃん at 11:17| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感。
視座の違い。いい悪いじゃなくて、柔軟性だよね。
それを自由に行き来することができること。
Posted by 黒猫のJiji改め良治 at 2012年03月15日 12:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。